共働き投資でアーリーリタイア

30代からの投資でアーリーリタイアを目指す記録です。

車って本当に必要なの?

 

車って要らなくね?

前回の記事⇓

midorinekox.hatenablog.com

では、最強の節約方法である『自転車通勤』について書きました。これにより私は年間10万円もの節約に成功して従来よりも投資に回す資金を増やすことができています。
 そしてさらに! 自転車通勤をするようになったことによって私の脳裏に1つの考えが浮かびました。

「車って別に要らなくね?」(ドーン!)

 私が住んでいる町は都会とまではいきませんが、電車の駅まで徒歩10分もかかりませんし、コンパクトな町なので医療や福祉などのサービスも全て徒歩圏内で済ませることが可能です。しかも自転車通勤になったので通勤に車は使いません。そして妻はそもそも自動車免許すら持っていません。買い物なんて今時全部ネットで済ませられますしね。

 そんな状況で私が「え? じゃあもう車なんて要らなくね?」という疑問を持つのは当然の成り行きだったんです。だって車って購入するのに何百万円もかかる上に、持っているだけで毎年税金を取られる金食い虫なんですから。そりゃあ資産家が「持ち家や車なんて資産じゃなくて負債だ!」って主張するわけですよ。車が趣味だとかで思い入れがあるなら別ですが、単なる移動手段としてしか使わないのであればこんなものない方が良いに決まっています。出費が減ればそれだけ投資にお金を回せせてCFが増大します。家族全員ウハウハです。

 そう思ってなんとか車を手放せないかと調べてみると、あるじゃないですか!「カーシェアリング」
 いや、言葉自体は今までも聞いていたんです。だけどそれがどういうものかは全然知りませんでした。単に興味がなかったからです。まさか自分が車を手放そうと考える日が来るなんて想像していなかったし。それが節約に目を向けて自転車通勤を思いついた途端、考え方がガラリと変わりました。生活の何もかもが無駄に見えてくるんですもん(^^;

 

そもそもカーシェアリングって?

 自動車を共同使用するサービスないしはシステムのこと。一般にレンタカーよりもごく短時間の利用が想定されていて、利用者にとってはレンタカーよりも便利で安価になるように設定されていることが多いようです。

 

メリットは?

 

1)必要な時だけ利用できる
 突然数時間だけ利用したいと思った場合でもその日に空き状況を確認し、空きがあれば利用できます。
 
2)料金は利用した分だけ!
 会社にもよりますが、↓こんな感じで「10分間130円」とかの短い単位での時間設定になっています。大きな買い物の時だけ利用する場合などに向いていますね!

3)マイカーにかかる全ての維持費が不要になる!
 これこそが先ほどから書いている最大のメリットです。車の購入費も維持費も要らないので、下手すると年間で数十万円以上の節約になるでしょう。ちなみにガソリン代や保険代は利用料に含まれているので安心ですね。
 
4)色んな車に乗れる
 これ意外と楽しそうw 最近のカーシェアリングは人気獲得のためか結構高級な車も導入しているので、憧れの車を何台も乗り換えることができるという楽しみもありそうです。
↓私はエスクァイアに乗りたい! 頑張れば買えないわけではないけどいざ買うとなると「ノアで良いじゃん」ってなりますよね(^^;
 
 

デメリットは?

1)シートとかをその都度調整しないといけない
 マイカーならシートもミラーも最適な位置に固定されていますが、カーシェアだとそうはいきません。自分の前に乗った人に最適化されているため、その都度修正が必要。

2)突然利用したい場合に利用できない場合も
 車に空きがなければ利用できません。買い物なんかに使う場合なら時間をずらせば大丈夫ですが、「今から急に病院へ行きたい!」とかなった場合にはタクシーを利用するしかなくなります。

 どうでしょう? 意外とデメリットって少ないんですよ。1)は我慢すれば良いだけなので、2)をどう考えるかだけです。とはいえ何が何でもその時間に車が必要な時ってたぶん少ないので、その時だけタクシーを利用したとしても自家用車の維持費を支払うことと比べれば何十倍も安上がりになります。
 だから、都市部に住んでいる人ならば全然自家用車を手放すのはアリだと思うんですよね。車を手放すのって相当の勇気と家族の理解が必要ではありますが、浮いたお金を投資に回して結果家族が幸せになるのであれば、本気でやってみても良いのではないでしょうか。

 ⇓カーリースは初期費用0円で始められるので、急な需要に備えて私も登録だけはしています。

 

 

 

我が家の決断は、車保留!

 ・・・と、まあまるで我が家では車を手放したかのような書き方をしましたが、結局うちは車を手放す決断はしせんでした(^^;
 我が家とお互いの両親の住んでいる場所の位置や人数、顔を合わせる頻度等から生活をシミュレーションした結果、「コスト的には車を持たずにカーシェアリングを活用するのが最高だが、軽自動車を1台だけ保有したとしてもそれほどコストは増えないし、もっと弾力的な運用が可能」という結論になったんです。
 ただ上で書いたとおり、環境によっては本当に車を手放してしまいスポット的にカーシェアリングを活用することで、相当大きな節約になるでしょう。「本気投資組」なら一考の余地ありです。

 そこまでしなくても、私のように自転車通勤に変えるだけでも大幅な節約が可能​なので、運動好きな人はそちらもぜひご検討を!

 ↓クリックしていただけると非常に励みになります!

人気ブログランキング