共働き投資でアーリーリタイア

30代からの投資でアーリーリタイアを目指す記録です。

期待できる国産通貨”torue”。TrueNewsはふるさと納税で行政とコラボ済み!【R2.2.18改訂】

f:id:midorinekox:20190511170059p:plain

 

※本記事はR2.2.18に全面改稿を行いました。

期待の国産暗号資産"torue"は、ほぼ唯一の生き残り草トークン

 2018年は暗号資産全体が下げ相場でしたが、NANJが1sat上場に大成功したことをきっかけにして雨後のタケノコのように1sat上場コインが誕生した年でもあります。今や残念ながらNANJは事実上終わっていますし、その他の国産通貨もほとんどが死に絶えました。

 

 さて、そんな1sat上場ブームを尻目に正々堂々とICOを行い開発を進めてきた国産通貨が存在します。

 その名も"torue"

 私はこのtorue、そしてそのトークンを使ったプロジェクトであるTrue Newsが今後の国産通貨の中で唯一の成功を収めるのではないかと密かに期待しています。

 

torueとは

○トークン名:torue

○シンボル:TRE

○総発行枚数:100億枚

○公式HP:https://www.tn-crypto.com/

○公式ディスコード:True News, Inc.

公式アプリ: True News

 

 まずはこちらの動画をご覧ください。これは2018年、私がtorueを知ってすぐに作成した紹介動画です。超初期に作ったものなので新しい情報は盛り込まれていませんが、"True News"の本質的な部分は理解していただけると思います。


2019年要注目の仮想通貨①【torue~次世代ニュースアプリ~】

 

 冒頭で「2018年末に100倍になる可能性もある」とか言ってますけど、そこは「数年後には~」とでも読み替えてくださいねw 暗号資産バブルの弾けた2018年は、全てのコイン・トークンが超絶逆MOONしてしまったので(^^;

 

 動画の中でも紹介しているとおり、torueは「True Newsシステム」によりブロックチェーンを用いて正しい情報を迅速に伝えることを目的としています。

f:id:midorinekox:20190421111746p:plain

true news アプリ

 これだけを見てもtorueが、「それって別に暗号資産じゃなくてもできるよね?」という数ある草トークンたちと一線を画していることがわかるでしょう。

 クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 SNS全盛の現在、誤った情報=フェイクニュースまでもが物凄いスピードで拡散されることが社会問題になっていますが、TrueNewsシステムであれば誤った情報は淘汰されて正しい情報だけが残ることになります。SNSとブロックチェーン技術とは親和性が高いのです。

torue

torue

  ↑1sat上場全盛だった2018年春に、周到な事前準備を経てあえて堂々とICOを行ったtorue。私も第一回目のプレセールに参加しました。開始5分間で準備していたトークンが売り切れるという伝説が生まれたのはこの時で、私もETHの送出が上手く行かずにPCの前でイライラしていたんですよねw なんとか滑り込みでゲットできて良かったー(^^;

 

 というわけでtorueはまだ上場されていないにも関わらず、それだけ期待値の高い暗号資産なのです。高い国内上場が実現したら、いったいどれくらいまで価格を上げるのか楽しみで仕方ありません。

 

 

アプリ「True News」

 “アプリ「True News」とは、株式会社True Newsが提供する情報発信の速さと正確性を両立させたニュースアプリです。SNSの速度に相互監視・評価システムを加味し客観的正確性を担保した日本初の情報発信システムです。ブロックチェーン(分散台帳)の概念をニュースシステムに応用した次世代のサービスとなります。

 

誠実な人ほど得をする

相互監視・評価により情報の正確性が即座に判定される

誠実な人には報酬が付与され、嘘つきは排除される

 

情報収集のタイムラグをゼロに

SNSの「分散型発信」という利点を最大限に活用

情報の速さと正確性には 大きな 価値がある

 

分散型メディアの新しいカタチ

情報を発信する個人がより大きな影響力を持てる社会へ

一人ひとりが正確性を保持したメディアになります“

   以上、公式HPより引用。

 

 繰り返しになりますが、SNS全盛で情報の速度がすさまじく速い現代社会ではフェイクニュースもすぐに拡散してしまいます。True newsの画期的なところは、誤ったニュースを流した者にはペナルティが設けられているためフェイクニュースの拡散を抑制することが可能な点です。

ããã¤ãã¿ã¼ ãã§ã¤ã¯ãã¥ã¼ã¹ åç©å ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 ↑熊本地震時に有名になったフェイク画像。ツイッター等の既存SNSではこういうデマも簡単に拡散され、有事の場合においては深刻な事故に繋がる可能性があります。

 

 逆に正しい情報を迅速に発信した者には報酬が支払われるため、ユーザーも「せっかく同じ情報を発信するなら他のSNSじゃなくてTrue Newsアプリから発信した方が得じゃね!?」と思うわけで、既存SNSからシェアを奪う可能性が期待できるのです。

「True Newsってアプリ凄いんだけど!」というツイートがツイッターで流れまくった結果、ツイッターからTrueNewsアプリに鞍替えする人が続出するという、「親殺し」的な未来が見えませんか?w

 

 また、TrueNewsアプリの画期的な部分は他にもあって、なんとこのアプリなら記事自体に報酬が発生します。

 これは今までにアフィリエイトやgoogleアドセンスをやったことがなければピンとこないかもしれませんが・・・。通常のブログだと、実は記事自体に価値は生まれないんですよ。いや、良質な記事には確かに価値は内在しているんでしょうけど、お金が発生するのはあくまでもその記事に貼り付けた広告を読者がクリックしたり申し込んだりした時なんです。なので、いくら読者がブログを熱心に読んでくれたとしても広告をクリックしてくれなければ収入にはつながらないんですよね。(もちろんこのブログもそうですよ。かわいそうだと思ったら、ぜひどれか1つで良いのでクリックしてね! いや、本当にお願いします・・・(´;ω;`))

 その点、True Newsは違います。正しい情報を迅速に発信すればそれだけで報酬が貰えるのです。「正しく記事を書く=報酬が約束される」 この等式がどれほどの人々の心に響くのでしょう。少なくともブロガーやSNSのヘビーユーザーにとっては魅力的に映ると思いますね。

 

 現状はアプリのβ版が公開されており、様々な取り組みやアップデートを重ねながら、着々と開発が進んでいるようです。

f:id:midorinekox:20200218220402p:plain

(β版画面。β版とはいえちゃんと利用できますし、ポイントもガンガン貯まります♪)

 

 

 ということで、【True News】←まずはここからアプリを試してみましょう! 記事投稿でガンガン暗号資産を稼いで一攫千金のチャンスです!

 黎明期から応援している私としては、こんな風にきちんとアプリが稼働していることにテンション上がりっぱなしですよ!

 

ロードマップ

 

torueロードマップ

ロードマップ

 目下のところ、2019年春~夏の「国内認可、国内取引所上場を目指す」がとりあえずの目標になりますね。実際には2019年には上場は叶わなかったわけですけども、運営はきっちりと開発を進めており着実に上場への道のりを歩みつつあります。

 ・・・というか、上場の最終決定権は運営側にはありませんから、結局上場のタイミングはお上がいつGOサインを出すかの問題なんですよね(^^; ホルダーとしては気長に待つ忍耐が必要ではあります。

 

 またこの記事執筆時点ではプレセール時と比べてETH価格が大暴落しているので上場時の価格がどうなるか要注目! 私も、場合によっては買い増しも考えています。

 

 さらに、torueはアプリ内の仕組みの部分で特許を取得することに成功しています!

 ↓詳細はこちらの記事で。このことにより、本プロジェクトの信頼性は相当向上したと言えるでしょう。「特許出願中」と「特許取得」とではまるで意味が違いますから。

www.midorineko.work

 

 

TrueNewsはふるさと納税ですでに行政とコラボ済み

True News × すさみ町

True News × すさみ町

 TrueNewsは岐阜県飛騨市、和歌山県すさみ町とふるさと納税でコラボを実現しています。行政とコラボしたこと自体が驚異的なのですが、公式発表によるとこのコラボによる寄付額が2018年で合計【652万2000円】にも達したとのことです。しかも1年間ではなく秋からの参入でのこの成果です。

 

 この金額が大きいか小さいかはわかりませんが、ベンチャー企業が発足1年目に地方行政とコラボを実現してこれだけの金額の寄付に貢献したことは、成果として十分なのではないでしょうか。

「True Newsとコラボしたら寄付額増えたってよ!」

「えっ、そうなの!? じゃあうちもやりたい!」

「うちもうちも!」

 ・・・って、いくつかの市町村がアップを始めても全然不思議じゃないですからね。行政のバックアップほど強力なものはありません。

 

 最初は非中央集権を謳っていた暗号資産ですが、このところ“逆説的に”中央集権的なコインが存在感を示してきているように感じます。XRPとかこのところの地固めっぷりがすごいですからね。

 その点、行政とコラボするtorueもまた良い流れに乗っているなあと興奮しています。

 

 

 

【torueバリューアッププログラム】が完成! 長期ホルダー歓喜!

 2019.4.14、【torueバリューアッププログラム】という新プランが公式ディスコード内で発表されました。これがまたなかなか興味をそそる内容なんですよね!(^^;

torueバリューアッププログラム

torueバリューアッププログラム

 

 エアドロップやICOを行っている草トークンにとって脅威となるのが「潜在的な売り圧」です。キャピタルゲインを狙う彼らはトークン上場後にICO価格よりも少しでも値上がりすると即売却にかかる可能性がありますし、エアドロップで入手した人たちはさらに冷酷に、たとえ低価格であっても上場即売却に動いてもおかしくありません。

 しかしtorueはこのバリューアッププログラムにより長期ホルダー有利な仕組みを作っており、この売り圧を一定程度抑制しているのです。

 

 ざっくりいえば、1.アフィリエイト等によってホルダー(ブロガー等を想定か)の収益構造を確立・定着を図り、2.自治体等との連携によってtorue経済圏を一般ユーザーへも拡大し、3.運営によるバーンなどでtorueの流通枚数を逓減させる仕組みを作ることによって、時間と共にtorue1枚あたりの価値を漸増させていくプログラムですね。

 

 これは、時間とともに流通枚数がどんどん増えていく=インフレによりトークン価値が徐々に下がっていくPOS通貨とは正反対。torueは時間とともに枚数が減少するのですから徐々にデフレが起きてその希少価値は上がっていくのです。

 そしてそのデフレスピードはtorue経済圏の活性化により加速するということが言えると。となると、やっぱり最初の宣伝が大事ですね。「戦略1」でどれだけのブロガーを取り込めるかが勝負という感じ。

 

 

 

 

懸念材料

1.内部のごたごた(解消済み

 torueを語る上でどうしても避けて通れないのが、昨年末に起きたチーム内部のごたごたです。現在は解決していると思って良いのでしょうが・・・。詳細はディスコードに経緯がありますので、気になる方はご確認を。

 プレセールに参加した身では黙って応援する以外にできることはなく(ごたごたがあったから保有分を売却するわ! と思っても上場前なのでそう簡単にはいかないし、そういうリスクは当然織り込んで参加しています)、今後の健闘を祈るばかりですが、今後torueが実際に上場を果たした場合に購入するかどうかは、現在のメンバーで同じことが起きないかどうかに注意しながらということになりますね。

 

<以下、R2.2.11追記>

 先日、truenewsアプリにこんな投稿がなされました。

国産コイン運営、謎の共通点

まずは全ての画像に目を通して欲しい。
それぞれ全く別の仮想通貨プロジェクトの3名だが、何か共通点が見えてこないだろうか?

そう、「ローバル株式会社」というキーワードである。
ローバル株式会社の従業員は2015年時点で24名、これは偶然というにはあまりにもできすぎていないか?

ちなみにNANJ弘田大介氏とTrue News鳥羽悠司氏の2名は既に辞任を表明しており、両名のTwitter等からは仮想通貨運営に携わった経歴が完全に抹消されている。

NANJハゲ先生こと石靖士氏が複数仮想通貨運営に関与していることは噂されており、VIPSブーン氏とINZEI吉澤明弘氏が実は同一人物であったことは有名な話である。

これらの事実から「国産草コインブーム」とは極めて少数の人物が裏で結託し複数の草コインを発行して巨額の資金を募り事業を放棄して逃亡するという計画的な犯行の可能性もあるのではないか?
真相が解明されることを望む。

  このように、NANJを始めとする多くの国産草トークンはどうやらローバル株式会社という会社に所属する詐欺グループが資金集めのために発行したものだと思われます。そしてここが大事なのですが、truenews運営は内部に侵入していた詐欺グループの一味(鳥羽氏)を追放することに成功しました

 当時のゴタゴタは鳥羽氏が正体を現した際、激しい攻防の末、現運営が彼を追放したために起きたものであることが公式ディスコードでも説明されています。

↓公式ディスコードはここから。運営による説明は、#freetalk部屋で2020/2/3付で行われています。

discord.gg

 このことをもって、私は本プロジェクト内で過去に起きたゴタゴタを「解決済み」だと判断しました。

<以上、追記終わり>

 

2.アーリーアダプター有利な状況を覆せるか?

 バリューアッププログラムにより、torueはアーリーアダプターが有利なトークンであることが明らかです。そして先行者が有利であるということは、裏を返せば後発組が相対的に不利になることを意味します。であれば、「果たして後発組がわざわざtorueを買うか?」という疑念は当然芽生えますよね。 

 

 まあでもこの点に関しては実はあまり心配していません。TrueNewsアプリが有用でさえあれば、暗号資産や投資に興味のない人がガンガン流入してくるのは間違いないからです。投資に興味のない人々にとって自分が先行者であるかどうかなんて、重要なことではないでしょう。

 実需最強だってばよ!

 

 ちなみに、ディスコード内での私の「後発組不利じゃん! どうやって取り込むの!?」的な質問に、運営はこのように回答してくださっています。

やや打算的な戦略となりますが、国内審査中上場前の期間は逐一進捗状況の報告は可能で、期待の高まるこの時期にtorue を入手する方法はアプリ内での活動とアフィリエイトのみとなります。
この期間に可能な限りブロガーをTrue News アプリに呼び寄せます。news だけではなく○×と相性の良いcommentary(解説記事)も解放します。なんなら自分のブログのコピペ転載でも可とします。
被りはあれど、自分のお金を減らすリスクを負って投資する投資家層と金銭的リスクを負わず労働力(記事執筆)でお金を稼ぐブロガー層は属性が違います。必ずしもブロガー層が不利とはなりません。
今後はブロガー層にとって魅力的な新天地となるよう環境を整えていきます。
ブロガー層が増えれば増えるほどtorue のデフレに拍車が掛かりますので回り回って投資家層の利益に繋がります。
まぁそう簡単にはいかないでしょうから色々と試行錯誤しつつブロガー層にアピールしていくことになります。

  ・・・ううむ、私のたった1行の質問になんと真摯に対応してくれることか!(^^;

 

 そしてなるほど、アフィリエイト(プログラムの「戦略1」)を利用してブロガーに宣伝させるということですね。よし、これは参加せねば(;^_^A・・・じゃなくて、他の国産通貨でもそういうバウンティはこれまでによく行われていましたね。それによって一時的にディスコ人数が増えることはありましたが、トークン自体はどこも低迷しているのが現状です。暗号資産全体が冬の今は仕方ないと言えますが、春が訪れた時に明暗が分かれるかどうか。

暗号資産、春の訪れは近い!?

 運営さん自身が書かれているとおり、これはそう簡単にはいかないと思います。が、こちらのどんな質問にもきっちりと回答してくれるスタンスだとか、冬の時代でも着々と開発を進める姿勢だとかを見ていると、torueなら!torueならやってくれる! と期待してしまうのも事実。

 私には弱小ブログで宣伝することしかできませんが、少しでもtorueの広がりに寄与できるならばこんなに嬉しいことはありません。

 

 

3.torue経済圏は機能するか? フリマやオークションは需要があるのか?

 将来的にはアプリ内でフリマやオークションにも手を広げるとのことですが、フリマアプリとしては既にラクマやメルカリなどの競合が沢山あります。そして経済圏ということであれば(暗号資産を利用しなくても良いのならば)楽天経済圏が大きなシェアを持っています。果たして彼らがtorue経済圏に乗り換えるのか? という点に関しては、現状はどうしても疑問を禁じえません。

 楽天経済圏を利用しているのって本当に暗号資産に興味もない一般層がほとんどだと思いますし、仮にTrueNewsアプリが流行ったとしてもそれだけの理由で経済圏まで乗り換えるとは考えにくいんですよね。

 

 それに情報を流すだけならともかくフリマやオークションのように双方向的なやり取りが必要なアプリでは、どうしても一定以上の需要がなければ機能しないでしょう。それも囲い込むのであれば徐々にではなく一気に囲い込まないと、手のひらから砂が零れ落ちるようにパラパラと流出していってしまいそうです。

 人がゴミのようだ・・・。

 ・・・うーん、結局は宣伝がどれだけ上手く行くかにかかっていると。

 広報という意味ではいまだにTVCMが最強だと思います。とはいえそのためには多大なお金がかかるでしょうし簡単ではないでしょうけどね。運営さんがマーケティング戦略をどう考えているのかが楽しみです。

 

 

まとめ

 正々堂々とICOを行いチームメンバーが身元を明かしさらに行政とのコラボまでしている以上、資金面でも地固めっぷりを見てもまた周りへの影響という観点からも、そう簡単にTrueNewsプロジェクトが頓挫するとは思えません

 ディスコードでの質問にも丁寧に答えてくださいますし、優良で透明感のある信頼できるプロジェクトと言えるでしょう。特に、ふるさと納税の分野で実績が出ていることが非常に大きいです。行政というのは前例のないことを嫌います。しかし努力の甲斐あって飛騨とすさみに先陣を切らせることに成功した今後は、他の市町村への広がりにも弾みがつくことでしょう。

 バリューアッププログラムによるトークンデフレ機能も素晴らしく、TrueNewsアプリの実需期待と相まって長期ホルダーが増加することが期待できますね。

 

 一方で懸念材料もあります。内部のごたごたの問題は解決したものとしても、後発組へのアピールはどうか、torue経済圏は果たして上手く行くのか、もっと言えばそもそもアプリ自体が流行るのか。こればかりは今後の宣伝が上手くいくかどうかにかかっています。私は弱小ブロガーとしてブログやツイッターで小さく宣伝することくらいしかできませんが、TrueNewsプロジェクトが日本中・世界中に広まると良いなと心から思っています。

 

 まあもとより、こういうベンチャー企業への投資は「100倍になるか0円になるか」の2択です。そこそこの確率で100倍の夢を見ることができるって良いですよねw 投資は自己責任で、万が一0円になっても許せる範囲で行いましょう! 

 

 とりあえず取引所上場はまだなので、torueに興味のある方はまず公式ディスコードで情報収集から始めることをお勧めします。

 

 

 完全に余談ですが、私が1年間ずっと追ってきたオーストラリアのプロジェクトである"EQLプロジェクト"が継続困難になってしまった原因は運営の資金不足でした。EQLはICOを否定してエアドロップ・バウンティでトークンを配布するという非常にクリーンな戦略を取りホルダーの信頼を勝ち取ったのですが、最初から指摘されていた「ICOをしなかったことによる資金不足」が最後まで尾を引いた形になってしまいました。EQLはtorueよりも先にデフレ機能を提唱していたんですよ・・・。本当にクリーンだしホルダーのことを考えてくれる運営さんだったので無念です(´;ω;`)

 

(→EQLはその後、出資してくれる企業が見つかって無事に復活を遂げました!  ただ私は見切りをつけて全トークンを損切りしてしまった後だったんですよね(´;ω;`) 一時、トークン価格30倍とかになってたのに・・・。今更買い戻す気も起きませんので、もう私が関わることはないでしょう。無念!)

 

 このように草トークンにとって最大の問題の1つは、「運営の資金不足によるプロジェクト継続不能」という状況に陥る可能性があることです。いくらプロジェクトが素晴らしくても、悲しいかな、先立つものがなければ事業は継続できません。

 

 その点、torueの場合はICOである程度の資金を確保しているはずです。それだけでも安心感凄いんですよ(^^; EQLで破れた夢をtorueに託す! ぜひデフレ通貨を実現させてほしいなあ。

 

 

torueに関する他のおススメ記事紹介

↓R2には、レスバを仕掛けてポイントを得られる超斬新なサービスが開始されていますw 割とマジですごいことじゃないですか?

www.midorineko.work

 

↓公式にはICOが終了して購入できないことになっているtorueですが、分散型取引所であるHBDEXでは勝手に売買が行われています(^^; どうしても国内上場前にtorueを買いたい人はそこを利用しましょう。詐欺とかはないですが、板が薄いので取引価格にはご注意を!

www.midorineko.work

 

 ↓R2.4 TrueNewsアプリで記事を投稿すると、”閲覧されるだけで”ポイントを獲得できる(=アマゾンギフトに交換できる)ようになりました! 従来のブログ等と比べて収益化へのハードルが極めて低いプラットフォームの誕生です!

www.midorineko.work

 

~再掲~ ぜひまずは公式アプリに登録して、触ってみてください!

○公式HP:https://www.tn-crypto.com/

○公式ディスコード:True News, Inc.

公式アプリ: True News

 

 ↓クリックしていただけると非常に励みになります!

人気ブログランキング